イメージ画像

あなたは賃貸派ですか、持ち家派ですか?

 世の中には、住宅に関して賃貸が良いか、持ち家が良いかといった議論がよくされます。

 

 賃貸派は、いくら吟味した住居でも、生活パターンの変化で、住みにくくなったり、住環境に不都合が生じたりして、住み替えたくなるものです。賃貸なら、こうした変化に対応して、住み替えが比較的簡単にできるけれど、持ち家ではやはり住み替えが大変だという事を一番の理由にする人が多いようです。これも一理ありますよネ。

 

 一方で、持ち家派の方は、賃貸では家賃を支払っても何も資産として残らないけれど、住宅ローンを組んで持ち家を購入した場合、建物の価値は古くなって減少しても、土地の価値が資産として残ると言うのが大きな理由のようです。これも一理ありますネ。それに、住宅を購入すると一国一城の主になった気分が男性にはたまらないものがあります。

 

 どちらを選択するかは、人それぞれの価値観によるところが多いでしょうが、それぞれの損得を金額計算で考えてみようとする場合には、以下の点を忘れてはいけないでしょう。

 

 賃貸では、敷金と権利金が一般に必要で、退去時に返還されるものとされないものがある事を計算に忘れず、織り込む必要があります。

 

 一方、持ち家の場合は、ローンには当然金利が掛かります。また忘れがちですが、固定資産税が掛かります。さらに、一戸建ての場合は、傷んできた外装などの修理費を計算に入れる必要があります。本当に、どちらが良いのか私にも分かりませんが、私は建て売りの一戸建て住宅を購入しました。
おすすめのマンション無料一括不動産査定はこちら

美白石鹸についてならこちらへ

洗顔石鹸についてならこちらへ

このページの先頭へ